犬用コット 出来上がり!

2016年11月9日 / なな, ふく, じん, キャンプ, 道具

犬用コット作成の続きです。

 

さて、座面作り。

生地は、私たちが使っている小川のコットのような生地を買ってきました。

素材はナイロンです。

 

雑な私は、裏返した骨組みを生地に乗せ。

cimg8057

そのまま切りました。(^_^;)

cimg8059

骨組みの足が入らなくなったりしないよう、

一応周りには、15センチぐらいのまちがあります。

 

一辺が長いのは、これ。

cimg8060

自分たちのコットと同じよう、マジックテープを付けて、

張りの調節をできるようにしてみました。

 

足の接続部分は、こんな感じで切り取ってみました。

cimg8058

 

出来上がり。

cimg8132

裏もマジックテープで止めれるように作れました。

一応、思い描いた通り!\(^o^)/

cimg8134

 

ただねぇ…。

張りが弱い!!

cimg8133

 

3わんこを乗せたところ、

張りが弱くて、真ん中の方にみんな寄ってしまい、

滑らないよう、フリースを引いてみたのですが、

それでも、いまいち??

cimg8138

 

で、もふもふクッションが登場!

cimg8142

これなら張りも、あまり気にならないようで、

そこそこリラックスしてくれているような?

 

上から見るとこんな感じ。

cimg8144

3匹ピッチリくっついているので、

夕食時に集まった時は、あったかくて気持ちいいでしょうが、

普段ごろ寝するには、ちと小さいなぁ。

 

実際に使ってみると、色々あらが。(^_^;)

 

まず、横枠に使ったポール。

収納を考えて45cmを2本を、ジョイントでつないのですが、

そのジョイントが邪魔をし、全体的にテンションがかかっていません。

それもあって、全体的な張りが弱くなっています。

そしてこんなに真ん中に体重が集まる事を考えると、ちょっと不安。

1本で作った方がよかったかな?

 

あと、高さ。

足は30cmにしたのですが、

これで、もふもふを敷くと、ふくが自分では乗ろうとしません。

飛び乗らないといけないのに、ポールの端が見えないから怖いのかな?

やっぱりちょっと高かったか…。

 

みんなが乗った時の沈み具合を考えて、

足はカットせず、30cmのままで作ってみたけど、

このぐらいの沈み具合なら、20cmにしても大丈夫そう。

切ってあげた方がいいかな?

 

もうひとつ大きな悩みは。

全体的に小さいか?????(゜.゜)

 

今までの犬椅子の代わりには丁度だけど、

普段もゴロゴロとなると、ちょっとなぁ…。

2人乗ると、ゴロゴロといい感じで乗っているのですが、

そうすると3番目が乗ってきません。(-_-)

cimg8146

 

テント内のどこにおいても邪魔にならなく、

みんなでくっつくには、このぐらいの大きさがいいと思ったんだけど。

 

ゴロゴロとくっつき。

相反するものですよね…。

さて、どうするのがいいのか。

 

とりあえず、次のキャンプで使ってみて、

帰ってから、色々と修正することにしてみます。

 

座面作るの、結構大変だったんだけどなぁ。

もう一度作りなおしかなぁ。

…。

ま、一度作ったんだから、二度目はもうちょっと慣れてるか。(^^ゞ

 

今度のキャンプで使うのが、ちょっと待ち遠しいです!

とにかく。

間にあって、よかった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去記事

アクセス数

  • 14今日の閲覧数:
  • 51昨日の閲覧数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 44昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る