泣きたいこと

2015年3月5日 / じん

犬のトレーニングは、

三寒四温ならぬ、一成功九苦心、と感じます。

 

昨日の朝、上手にできた、じんの散歩。

でも、昨日の夕方から、また引っ張り亀モード。

 

引っ張ったら、リードを手放す(じんは、これでふと我に返るんです。)

とか、引っ張り返して、

慌てて戻ってきたじんとアイコンタクト、と続けるのですが、

運動量が少ないためか、すぐに亀モードに早変わり。(-_-)

 

そして、今朝。

じんに加えて、今度はなながやってくれました。

 

デッキでご飯を食べていた私の横にいたなな。

なにを見つけたのか、なんの音を聞いたのか、

いきなり、ためらいもなく、裏山へ脱走!

 

名前を呼ぶと、何とか止まり、

ちょっと頭を下げて戻ってきました。

 

でも、君、これで何度目?

その度に、きつくお仕置きをされているというのに、まだ懲りないんだ。

 

ということで、只今お仕置き中。

 

今回のお仕置きは、裏山に放置。

(山と言っても、空き地+藪のようなところです。)

 

そんなにそっちがいいのなら、そっちにいてください。

その代わり、家の敷地には入れません。

 

早、4時間経過。

なな、家と裏山の境で、じっとこちらを見ています。

 

どこで切り上げるか、どうしたら許せばいいのか、

これは、私が自分で決めなければいけない事。

 

ただ、ひとつわかっているのは、

ななが強情をはっている間は、放置です。

 

前回は7時間。

あれで相当懲りたと思ったのに、またか、と泣きたくなります。

 

じんとななとで、ダブルショック。

 

ただ、その中で1つ褒めたいことが。

 

4時間も、じっと頑張っていられるのは、えらい。

そんなこと、褒められたことかは、わかりませんが。(^^;)

 

でも、今はノーリード。

(裏山に人が来ることは、まずありません。)

 

フラフラ遊びに行っても、ごろごろ寝ていることもできるというのに、

そんなことは全くせず、

4つ足でしっかり立ったまま、4時間、こちらを見続ています。

 

ななも本気。

私も本気。

折れた方が、負け。

 

でも、私が折れるわけには、絶対にいきません。

ななが折れるのを、ひたすら待ち続けます。

 

この間は、いつも悲しくなります。

早く折れてよ・・・。

 

でも、頑固な犬種の頑固ななな。 

まだまだ続くのでしょう。

 

ということで、本日のランにも、行けず。

 

運動が足りないじん。

こちらは、亀モードが続くのでしょうか?

 

犬のトレーニングは、いつも悩みます。

だからこそ、上手にできてくれた時の喜びは、ひとしおなんですけどね。

 

これ、私としてはかなり恥ずかしい話で、

書くのもはばかれるし、出来れば書きたくもない事なんですが、

犬のトレーニングの、泣きたいことの一環として、書いておきます。

 

いつか、笑い話になるといいな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

過去記事

アクセス数

  • 11今日の閲覧数:
  • 30昨日の閲覧数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 26昨日の訪問者数:

カテゴリー

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る