カテゴリー「雑記」の記事

真空パックん

2018年2月17日 / 雑記

我が家はフードをバルクで買っています。

でもふくがいなくなっちゃったし、バルクじゃ多すぎるかも…。

でも小袋にすると、あっという間になくなるし、

なんといってもコスパが違いすぎる!

なんてケチな事を言っていたら、小春ママがいいものを教えてくれました。

 

それが真空パックん。

こんなフードが。

こんな風に!

きっちり脱気してくれていて、

石みたいにかっちかちになっています。

これならかさも減るから、保存も場所を取りません。

やったね!(^^)

 

真空パックの機械はロールが高いし…と思っていたのですが、

この一袋ぐらいの大きさで、

大体2キロ強入っていて、ロールは100円弱。

業者でリパックしてもらうと、色々不安があるので、

家でこんな値段で出来るのなら、全然高くないです。

 

いいなー、欲しいなー。

「でも、場所取るよ。」と小春ママ。

そうなんだよね、そこが問題。(。-_-。)

 

でも。

いいなー。(╹◡╹)♡

どきどき

2018年2月6日 / 雑記

最近外出中、一部柵をするようになりました。

 

そこは、ふくが食べた乾物の小豆が入ってたとこ。

以前じんが味噌汁の具を取り出したのも、そこです。

 

そういう悪さをしないよう育てて来たつもりでしたが、

ふくがああいうことになって、心配になりました。

 

頭ではわかっていても、頭の状態に問題が出で、

本能で動いちゃったら、どうなるんだろうかと。

 

だからその元凶には蓋を。

 

でも、そんな事を気にしていたら、キリがない。

それが嫌だから、躾したのに…。

 

そんな事を考えていると、

今はあの子達を置いて外出するのが、ちょっと嫌。

 

なにも悪さをしないように…。

祈るのみです。

 

みんなはどうしてるのな?

死因についての考察

2018年1月3日 / ふく, 雑記

昨日、ななじんを連れてお散歩に出ると、近所のわん友さんに会いました。

「あれ?ふくちゃんは?」

…。

そうだよな。

この質問、これから何度答えなければならないんだろう。

 

「急にどうして?」

これも毎回聞かれるんだろう。

 

私もそれが知りたい。

だから、私なりに色々考えてみるとしました。

 

結論として、一番考えられるのは「てんかん」ではないかと思いました。

 

てんかんと言うと、全身を硬直させ、急に倒れ痙攣して倒れる、

と言う症状しか思い浮かばないのですが、

これは「全般発作」と呼ばれるもので、「部分発作」と言うものもあるそうです。

 

それは、意識はあるけど、

運動機能、視覚、聴覚、自律神経などに異常な症状が現れるものだそうです。

 

意識があるため、おかしいな?と思っても、

名前を呼んだら反応したり、動いたりするので、分かりにくいそうです。

 

てんかんは一度起きてもてんかんとは診断されず、

「恐れがある」ぐらいに判断されることが多いそうです。

そして、ずっと飲み続ける事になりますが、

薬でコントロールもできる病気だそうです。

 

てんかんの症状は、通常2〜3分で治まる事が多いようですが、

中には5分以上も続き、

発作が治まる前に次の発作が起こると言う、「重責発作」というものもあります。

 

ふくのは、部分発作が重責発作になっていたのではないかと。

 

通常、てんかんは死ぬような病気ではないのですが、

「重責発作」と「群発発作」だけは、命に危険がある場合があります。

 

その場合というのが

「重責発作が30分以上続く」とか、

「群発発作が24時間以内に10回以上起こる」という2つのパターンだそうです。

 

この2つは脳へのダメージが大きく、

死に至るか、救命できても後遺症を残す可能性が高いとのこと。

その為このような発作の症状は、緊急治療を要するという事です。

 

私は、乾物の小豆を食べたことばかりに目が行ってましたが、

どちらかというと、

「てんかん前に、おかしな行動がなかったか?」

というてんかんを疑う項目としてに

「乾物の小豆を食べた」が入ると考える方が正解じゃないかと思います。

 

最後に病院で診てもらった時、ふくは全般発作の症状を出しました。

 

全般発作の症状は、見ているこっちはショックが大きいのですが、

本人は痛みは特にないため、飼い主は焦らず、

以下の項目を観察する事が大切だそうです。

 

《てんかん発作の時の観察事項》

①発作の時間・始まって終わるまでに何分くらいを要したか

②発作がどこからどのように始まり、どのように終わったか

③発作が起きた時は何をしていて、何かきっかけになることがあったか

④意識の変化はどうだったか

⑤発作の前後、または最近、何か変わった行動が見られることがあったか

⑥発作以外の症状はどのようなものがあるか

⑦発作の後の様子

 

うちの場合は、

てんかん以外になにか他の要因があるのでは?を先生が見極めてくれ、

その後発作を抑える注射を打っていただけました。

 

その時先生に言われたのは、

「内臓よりも、脳に問題がありそう。

突っ張って全く動かないのは、左の足で、左の目も反射がないから、

脳の右側になにかあり、左を圧迫してるのでは?」でした。

 

今まで脳に異常があるような行動はありませんでした。

なので、最初は「?」だったのですが、

よく考えると思い当たる節があったようで、私はそれをよく目にしていました。

 

それは徘徊。

 

徘徊というと、同じ所をぐるぐる回ったり、

声をかけても全く無視をして歩き回っているような状態を思い浮かべますが、

それはアルツハイマー症状の徘徊。

 

ふくの場合は違って、急に家の中を嗅いで歩くようになりました。

なにしてんの?と声をかけると、戻って来たので、

老化の一部だとすっかり思い込んでいましたが、

それも徘徊の一種だと、別のわん友さんが教えてくれました。

 

なんらかの原因で脳に少し問題が出ていた所に、

てんかんの症状が出て、

乾物の小豆を食べるという異常行動を起こし、

その後部分発作を発症し、それが重責発作に移行して、更に脳に異常が出て死に至った。

これが死因だったのでは、と考察しました。

 

今となっては、本当の所はわからないし、

徘徊の段階で、万が一脳を疑ったとしても、

全身麻酔をかけてまで、

私が12歳のふくにMRIやCTを受けさせるとは、思いませんので、

結局原因は何かはわからなかったかもしれませんが、

でも、少しだけ自分のことを納得させれる結論を見つけました。

 

ただ、少しでも脳の事が頭の隅にでもあったのなら。

そして正しいてんかんの知識があったのなら。

後遺症は残ったとしても、

今もふくは生きていたのではないかとは、考えてしまいます。

 

今年読んだ最初の年賀状に、

「「たら」はない。今のすべてが自分を作る」という文面がありました。

最初は、新年早々不思議な文章を書いてくる人がいるなと思ったのですが。

 

私の無知のせいで、ふくは…、

と考えないわけではないのですが、「たら」はないんです。

今の私に出来るのは、こんな過ちをなるべく減らせるよう、

そしてそれをななじんや、

いつか来るかもしれない子達に生かして行かしていけるよう、

頑張る事しかないんだと思います。

 

それにこれは、

全部ふくが仕組んだんじゃないかとも考えています。

 

脳を疑い出せば、きっと私は悩み続けます。

リスクを承知で、全身麻酔をかけてまで、今のふくを調べるのかどうか、と。

今なら「やらない」と言い切れますが、

目の前にそんなふくがいたら、気持ちは揺れまくるでしょう。

 

そして、歯のケアさえきちんとできない私に、

後遺症が残ったふくを、

優しい気持ちで最期まできちんと介護するのは辛いかも、と。

それが出来ない私は、ふくが旅立った後、

きっとそれを後悔し続けるだろう、と。

 

あと。

あの強いふくが、そんな状況をよしとするのか…。

 

そんなことをいろいろ考えて、

ふくの死因を、きっとずっと考え続ける私に、

「しょうがない事だったんだよ」と、教えてくれる、

メッセージも残してくれたのではないかと思います。

 

もし原因を早々に考えついたとしても、

私が後悔で泣き暮らさないようにと、

年賀状なんていう、ちょっとおしゃれな形をとって。(^^ゞ

 

私には、そう思えます。

だから、それを信じることにします。

 

泣き暮らすような事はしたくありません。

私が落ち込んだり泣いたりしていると、

ななじんが大人しくなり、私の事をじっと見ています。

心配なのか、不安なのか…。

それは二人にとって、決していい影響があるとは思えません。

そして、泣き暮らすなんて、ふくの意思に反するから。

 

たまにはこっそり泣くでしょう。

でもそれは、出来れば四十九日までにしたい。

それまでには、

ちょっと笑って「いってらっしゃい。」が言えるように、頑張るからね。

 

最後まで私の事を考えてくれた、最高の子でした。

ふくは。

 

さ、私も、

そんなふくが選んでくれた、

それにふさわしい飼い主だったことを、

ふくにきちんと見せないと。

 

ファイト!

 

 

 

 

 

陶器の展示会

2017年12月3日 / 雑記

いつもお世話になっている、

横浜のSさんの展示会がありました。

 

来年は戌年なので、まずはわんこ達。

あ、向きが…。(^^;)

来年は↑この子達が、我が家の守り神。(o^^o)

 

器も。

年1回の展示会なので、ここぞとばかりに器を買います。σ(^_^;)

 

今年我が家に来たのは…。

…。

既に皆持ち場についてしまったので、

集合写真はありません。(^^;)

 

毎年少しずつ増えていくSさんの作品。

料理を乗せることをイメージして作ってる器達なので、

主張し過ぎることなく、

なんちゃっての料理でも、素敵に見せてくれます。

なので、我が家には欠かせません。σ(^_^;)

 

今年もありがとね。(o^^o)

 

 

パソコンがふっ飛んだ!

2017年11月20日 / 雑記

いつも何気なく使っていたパソコン。

それが、いきなり飛びました!(><)

 

ほんと、急です。

ふと見たら、電源ボタンがオレンジになっていて、

うんともすんとも言わなくなってました。(´⊙ω⊙`)

 

旦那さんには、

「毎日きちんと電源を落としてなかったからだ!」と、

文句を言われてしまいました。(T ^ T)

 

でも、ま、飛んじゃったものは、仕方ない。

それで、急遽パソコンを買いに。

で、

「これ下さい」と、

大根を買うような感じで買ってしまいました。

 

いつもなら何が買うときは、

いろいろ検討するんですけど、

今回のは、検討の余地がほとんどなかったんです。

 

今のパソコンはノートが主流なようで、

デスクトップ型が、あまり多くないようです。

その上、ネットゲームや動画の編集をする程のスペックがいらないとなると、

自ずと対象マシンは、数台に絞られてしまいます。

 

今まで使っていたのは、DELLのinspiron-530s。

新しいのは、DELLのinspiron…。

あれ?型番はなんだろう?

控えには、スモールデスクトップって書いてあるだけだ。

ま、でもそんなのでも分かるんでしょう。(^^;)

 

そうとは言え、スペックには大満足!

デスクトップだと、こんな値段でこんなスペックが買えちゃうのね〜と、

感心しちゃいました。

 

前の子は、XPを7に入れ替えたりと、ごちょごちょいじって、

10年ぐらい使っていました。

 

「10年も?よくもちましたね〜」

と、お店で言われましたが、

今のパソコンって、そんなにもたないの?(´⊙ω⊙`)

と、逆にびっくり。

 

これからは、まめにバックアップをとって、

まめに電源を落とすようにします。

 

ただ、1つ残念なのは、納期。

持ち帰る気満々で行ったのですが、即納でも3日〜5日かかるそうです。

キャンプに行ってる間に届きそう…。

 

いくらスマホがあるとは言え、パソコンがないのは、

やっぱり不便です。(T ^ T)

 

あ、飛んじゃったパソコンの中身ですが、

基盤が壊れただけのようなので、

中からHDDを取り出して、

ケースに入れて外付けにしたら、データは取り出せます。

なので、たぶんデータは無事でしょう。

 

と、わんことは全く関係ない記事ですが、載せておきます。

 

こういう記事って、

後から調べた時に役立ってくれるんですよね。(^^;)

 

今回も覚え書きという事で…。

 

 

 

 

 

 

 

 

養生中

2017年5月23日 / 雑記

ご心配おかけしました。

蕁麻疹、ほとんど引きました!(^O^)

 

が、動くと出てくる。

蕁麻疹って、そんなものなの??(´⊙ω⊙`)

 

仕方ないので養生中。

 

その横で。

IMG_2459

暑い…。

 

体温が上がると蕁麻疹が出てくると言うのに、

狭いのにみんな集まってくるし。

そろそろありがたく無くなってきたような。(。-_-。)

 

全身蕁麻疹

2017年5月21日 / 雑記

弱り目に祟り目。

初めて全身蕁麻疹というものになりました。

あ、私が、です。σ(^_^;)

 

全身でこぼこのオレンジのよう。

こんなとこまで出るの?と思う、

アキレス腱から足の先、手の平や甲、指にまで出ました。

もう、びっくり!

あ、足の裏にも出たんです。(´⊙ω⊙`)

 

タイミングよく、横浜のSさんと色々メールしている時だったので、

彼女の薦めで、なんとか診療時間内に病院に駆け込みましたが、

注射や、プレドニンを出して貰ったにも関わらず、

痒さと痛さで、夜は悶絶。(T-T)

 

最初はぽちぽちでも、急にドバッとで始めるので、

ちょっと蕁麻疹がでた、ぐらいに思わず、

用心しないと、と、思いました。

ちなみ私、普段そんなに蕁麻疹体質じゃ、ないんですよ。

 

そんな中でも、3わんこは寄ってきます。

異変に気がついて、心配して寄ってきてくれるのは嬉しいのですが、

全員にお尻をくっつけられても…。

席を変わってもついてくるし。(。-_-。)

 

お心遣いは感謝しますが、

体温が上がって、さらに痒さが増すので、やめてください!(T-T)

 

と避けること3日。

みんな当たらず障らずで、そばに居てくれるようになりました。

 

いい奴ら。(^^)

 

せめてランに行けるぐらいまでには、早く復活させないと。

私にとっては、散歩よりランの方が楽なんですよね。σ(^_^;)

 

落ち着いた連絡するので、ラン、付き合ってね。

 

 

 

夏バテか?

2017年5月16日 / 雑記

バテているのは、私です。σ(^_^;)

 

なんかここのところ怠いなぁ…って思っていたら、

まさかの早々の夏バテ??(´⊙ω⊙`)

 

3わんこは、いたって元気。

おかげで散歩が辛い…。_| ̄|○

 

でも今日は、久しぶりのラン!

それにハルクも来るもんね。(o^^o)

 

ここぞとばかりに、発散してもらって来ます。(^O^)

 

それにしても、こんな時期に夏バテか?

早すぎる…。(-_-)

 

とりあえず甘酒をたんまり飲んで、復活を目指します!

 

しばし更新がポツポツでも、気にしないでくださいね。σ(^_^;)

犬との絆⑤

2017年4月30日 / 雑記, 犬との絆

―キャンプ場と犬―

 

「そのキャンプ場、フリーオッケーかな?」との質問が。

 

うちが使用しているのは、大半がオートキャンプ場と呼ばれるところです。

管理人さん、オーナーさん達がいて、

場内の管理・整備などをしてくださっているところです。

 

オートキャンプ場自身では、犬NGというところもかなりあります。

なので、行く際には、まずは犬OKのところを探します。

 

そして。

 

フリーオッケーなんて謳っているいるキャンプ場には、

今までであった事はありません!

もしあったとしても、我が家は行く気はありませんが。

 

ちょっと考えてみたら、当り前のことだと思うのですが?

 

・どんな犬が来るかわからない。

・それも場内をうろうろしている。

・相手の飼い主はずっとその犬の動きを見ているのか?

・何かあった際、相手の飼い主はすぐ飛んできてくれるのか?

・相手の飼い主は、その犬を制御できるのか?

 

残念ながら我が家の犬たちを、私は100%制御することは出来ません。

 

なので、そんな危険地帯に足を踏み入れる勇気は、

今の我が家にはありませんし、

キャンプにそういうスリル感を求める人も、まずはいないとは思うのですが。

 

オートキャンプ場では、犬OKでも、

「犬はリードにつないで」が基本です。

 

ただし、オフシーズンのキャンパーさんの少ない閑散期。

管理者やオーナーさんとの間にも、暗黙の了解があり、

それを破ることなくきちんと守れていれば、

我が家の場合、

厳しい事を言われた事は、今まで特にありませんでした。

 

暗黙の了解。

暗黙なので難しいですが、

我が家にとっては

「他の方に迷惑にならない事」が暗黙事項です。

 

・私たちの目の届くところ(と言っても、半径数メートル)にはいさせる。

・犬を吠えさせない。万が一吠えた場合は、即、黙らせる。

・犬の排泄物の後始末は100%する。

・他のサイトには近寄らせない。

・他のキャンパーさんの近くには行かせない。

・炊事場など、犬がいるのが衛生的に問題なところには寄らせない。

 

思いつく限りでは、ざっとこんな所でしょうか?

細かいところでは、

拾い食いをしないとか、動物を追いかけないとか、色々ありますが。

 

もちろん、この程度の事で自由を許してもらえるのは、

何度も言いますが、オフシーズンで人が少ないからです。

 

もちろんオフシーズンのキャンプ場でも、キャンプ場によって色々あります。

 

ある区画サイトでは、

「区画からは出さないでくださいね」と言われました。

 

ある区画サイトでは、

「かわいそうだからリード、離してあげなさい。大丈夫でしょ?」と。

 

いやいや、万が一他のキャンパーさんにご迷惑をかけたら…と言ったところ、

「お客さんは少ないし、顔を合わせた時に言っておけばいいですよ。

こんな広いところでつないでおくなんて、かわいそうでしょ。」

と、言われてしまいました。(^_^;)

 

それまでそんな自然いっぱいのところで、そんな大々的に離したことは、なかったんです。

今までの経験上では、大丈夫だとは思うけど…。

 

ドキドキしながらリードを離したところ、意外とどこにも行かないもんなんですよね。

それにびっくり!

もっと走り回るかと思ってた。

 

あ、これは、我が家の場合ですから。

気が緩んで離してしまった途端、

走りさって迷子になったと言う子の話も、ちらほら聞きます。

 

ある方の話では、シュナはあまり行動範囲が広くない犬種だとのことです。

とは言え、同じシュナでも性格もありますから、

この話は、あくまでも我が家の話、ということで。

 

ただもちろん、そのうち知り合いの小さいお姉さんたちが出来て、

勝手に一緒に遊んでいたり、なんてことが始まりました。

 

そんな中、私たちも気が緩んでいたら。

「あの。あっちの方に行っちゃいました。」と、

小さいお姉さんたちに、山の中を指さされました。

…。

 

今までの経験上、

ふくは、ふくから私が見える範囲にいる。

ななは、私の声が聞こえる範囲にいる。

と言うのは、なんとなくわかっていたのですが、

その時は、じんがまだ来たばかりで。

あの子の動きは読めなかった…。

 

ただあの当時のじんは、ななにくっついている事が多かったので、

ドキドキしながら、

「ななぁーーー!」

「じんーーーー!!」と呼ぶと。

しばらくすると、茂みがガサガサ言い、スポーンと二人で飛んで出て来ました。

よかった…。(T_T)

 

それ以来、万が一の時も考えて、

暗黙の了解をしていただける所では、

いつもと違う、それも刺激の多い場所での、

より離れたところからの呼び戻しや、その他新しい訓練など、

自由を満喫させていただきつつ、練習させていただいている事があります。

 

もちろん、いつも100%うまくいくわけではなく、

この間のようにパニックになるぐらい心配する事もあります。

ま、そんなパニックになったのは、前回1回だけの事ですが。(^_^;)

 

皆さんのご厚意のおかげで、

日常生活ではなかなか見えない自分の犬の性質が見えてきたり、

そういう場合の対処方法を考える場も、与えていただいている感じです。

本当に、感謝です。

 

我が家が一般的なキャンプシーズンに行かないのは、

犬を連れていると、

自分たちで決めている暗黙事項を、リードで繋いでいても守るのが難しいからです。

 

数メートルも離れていないところに、賑やかなファミリーがいたり、

夜中まで賑やかに酒盛りしている方たちがいたり。

中には、3頭連れが珍しいのか、頻繁にのぞきに来る方までいらっしゃいました。

刺激が多すぎます…。

 

そういう刺激は、今の我が家が求めているものではなく、

そういう強い刺激に耐えるほどの訓練をしたいとも、今は思っていないからです。

 

 

全ては、人と人との信頼関係の上で成り立っている話。

こういう質問をする方がいると言う事は、

こういうの、説明しないと分からない人もいるんですね。

 

そういう方が、暗黙の了解を無視し、うわべだけを真似し、そして同じだけの権利を主張する。

こういう事が原因でなくなった自由だったラン、近くにいくつもあるんですよね…。

 

 

人と人との信頼関係。

信頼は築くのは難しくて、破るのは簡単。

そして破ると、修復はほぼ不可能。

というのは、よく言う事。

 

人との信頼関係。

いつまでもこれを大切にしたいものだと、切に思います。

 

そしてこれを破る人が、なるべくいないように。

窮屈なところが、さらに増えないように。

これも切に願います。

ご近所さん方、緊急です!

2017年4月10日 / 雑記

川島橋辺りで、

昨日、オレンジ色の首輪をした、

白とベージュのシーズーが保護されたとのことです。

 

明日まで警察が保護してくれるとのことなのですが…。

 

誰か、その子に心当たりはありませんか?

ある方は、ぜひ連絡を!

 

もしかして?って感じでもいいからね。

よろしくお願いします!<(_ _)>

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

過去記事

アクセス数

  • 5今日の閲覧数:
  • 73昨日の閲覧数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る