カテゴリー「保護犬」の記事

ご不快おかけしました。

2017年3月14日 / ロッタ

今朝は、お見苦しいとこをお見せしてしまい、

本当に申し訳ありませんでした。

 

ありがたい事に、

色々な方が訪問してきて下さいます。

 

他の方を誹謗中傷するとか、

非難をするとか、

不愉快な思いを与えてしまうことがない様、

気を使ってはいるつもりなのですが、

なにぶん、気が回らないところもあり、

今回のような事を起こしてしまいました。

本当に申し訳ありませんでした。

 

ご意見、しっかりと心に刻ませていただきます。

 

ただこのブログは、

私がわんこ達との付き合いの中で、

感じたこと、

考えたこと、

気づかされたこと などをメインに書いております。

 

そのため、

自分のせいで引き起こした問題も、隠すことなく、

戒めも込めて、やはり書いて残しておきたいと思います。

 

今後も不愉快に感じさせてしまう事柄が、

記事として出てきてしまう場合も、あるかと思います。

 

その際は、メッセージや、メールなどで、

忌憚ないご意見をしていただければと、思います。

しっかりと受け止めさせていただきます。

 

ただ。

私が思う考えと、

ご自身の考えられるご意見が、

なかなか合わない場合もあると思います。

 

その場合、

どちらかの考えが絶対正しくて、

どちらかが絶対間違っているとは、

私には思えません。

 

人間、十人十色。

そう思って、流していただければ、幸いです。

 

もちろん、納得出来ないお気持ちを、

ご自身の発信するブログやSNSなどで、

他の方へ投げかけていただくのも、もちろんありです。

 

十人十色、ですもんね。

 

 

次は、キャンプ中に起きた、

私にとって、とっても嬉しかった事を

纏めたいなと思っています。

 

色々後味の悪いキャンプにもなってしまいましたが、

嬉しかったことは、嬉しかったこと。

これもちゃんと書いておきたいなと思っています。

 

 

「さくらとわかまるのブログ」さんの事

2017年1月17日 / 保護犬

ふーくんママのブログを見て、

このような記事がある事を知りました。

 

「さくらとわかまるのブログ」さんの記事より

 

絆・スタートします

 

保護犬・保護猫・殺処分・飼育放棄…

この現実を多くの人に伝え、知ってもらいたい…

(記事より)

 

という思いから、5カ月かかってチラシを作られたそうです。

 

ブログ上に実際のチラシが出ているのですが、

そこまで酷いのかと改めて思うぐらいの酷い現状を、

きちんと調べて載せてくださっています。

 

アメブロにはリブログと言う機能があるそうですが、

このサーバーにはそういう機能はないので、

こういう形で賛同を表明させていただきました。

 

少しでも多くの人が、

この記事に気がついてくれるといいな。

 

ぜひ、記事を覗きに行っていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

ななふくとロッタ、そして・・・

2014年4月25日 / ロッタ

連れて帰ったロッタをみて、

ななが、モコにしていたように、引っ張りっこに誘いました。

「わん!!!!!」

「・・・。(ブルブルブルブル)」

 

加減をしらない、ななの誘い吠え、ロッタには怖かったようです。

この子は遊んでくれない子だと、すぐに悟ったななは、どっかに行きました。

 

今度はふく。

「ん?また見慣れないやつ・・・。」

と、めちゃめちゃ丹念に匂いを嗅ぎまくり。

 

おいおい、女の子に、そんな・・・・・。(絶句)

 

が、ブリーダーでママ犬をしていたロッタ。

堂々とずっと嗅いでもらっています。

 

それどころか、なんというか、

犬のボディランゲージなので、どうとは言いにくいのですが、

「私は弱いんです。庇護に入れてください」と言わんばかりのポーズ。

 

初めて見ました。

びっくりした・・・。

 

そして、それをすぐ察知しいたふくにも、びっくりしました。

 

その後は、モコの時とは、まるで違う扱い!

今度は、こんな図式になりました。

bimyou2

 

同じ3匹。

でも、中のメンツが少し違うだけで、こうも変わるんですね。

 

この関係は、とうとう最後まで変わらず、

ロッタも、ロッタに一目ぼれしてくれたお母さんと、

会った瞬間にメロメロになってくれたお兄ちゃんがいる家族の元に、

巣立っていきました。

 

さて、とうとう明日。

 

うちの3匹目の子になってくれるかもしれない子と、

今度は我が家がお見合いです。

 

今度は私たちが、

「この子の里親さんにふさわしい???」と、チェックされてきます。

 

「この子を、この人に預ければ大丈夫!」

と、私が安心して渡してきた方々のように、

うちもそう思ってもらえるといいなーと、思っています。

 

どういう結果が出るにしろ、

その子に会えるのを、ずっと楽しみにしてきました。

なので、わくわくドキドキしています。

 

明日は、ランでいっぱい遊ぼうね!

みんなで、待っているからね。

matteruyo

 

モコのお見合い、そして・・・

2014年4月25日 / モコ, ロッタ

モコがいたおかげで、

こんなに毎日笑えるのかと思うほど、笑わせてもらいました。

 

寝姿は、うちの二人にはあり得ない、こんなの。

relax

 

ちょっと気難しいななでさえ、大好きな場所を分け合いっこ。

nanamoko

 

ツンデレななと、超ママっ子ふくなので、

いつも旦那さんはちょっと寂しかったんじゃないかな?

それなのに、モコったら。

whith_papa

 

モコのいない生活がどんなだったかを忘れてしまった頃、

お見合いの話が来ました。

 

モコだけの、ママパパができて、

たっぷり愛情を注いでもらうのが、

この子には一番いいのはわかっています。

 

お話を聞くと、先方の里親さん候補の方は、本当にいい方たちで!

うってつけではないですかーと、びっくりするぐらいでした。

 

でも、一抹の寂しさがどこかに残っています。

 

いつかは巣立っていく子だとわかっていたはずなのに、

なかなか、心は思うように動いてくれませんでした。

 

預かりさんって、みんなこんな気持ちなのかな・・・。

 

お見合い当日。

会った時から、まるで最初からそこに有ったピースのように、

里親さんの中にはまっているモコ。

 

文句なしの、組み合わせ、さすが代表Hさんの選択!

と、本当に感心してしまいました。

 

私としもうれしい限り!

ですが・・・。

 

あまりの寂しさに、新しい預かりっ子を引き受けて来てしまいました。

 

新しい子は、仮名ロッタ。

rotta

 

モコとは正反対の、ビビりっこで、連れて帰る間も震え続けて、

ふけが雪のように降っていました。

 

大丈夫かなぁ・・・。

 

ふくとモコ

2014年4月25日 / ふく, 保護犬, モコ

ふくは、最初からモコのことが気に食わないようでした。

 

礼儀に厳しいふくなので、

自由奔放なモコとは、ちょっとそりが合わなかったようです。

 

預かり初日、用事があり少し外出して帰ってきた私は、

びっくりするものを見つけてしまいました。

 

それは、モコのケージど真ん前に、うん○が落ちていました。

 

最初は モコが、ケージから蹴りだしたのかと、思ったのですが、

形状からすると、どうみても、ふく。

笑えるやら、ほっとするやら。(^^ゞ

 

ふくは、外で排泄をするように育てられていたので、

うちに来た当初、ちっちもうん○も、一切家ではしなかったんです。

おかげで、雨の日は困る困る・・・。

 

ちっちの方は、獣医師の先生と相談して、

するまで散歩に行かないという手で、1度は家でさせました。

 

でも、さすがにうん○はそうもいかず、

来て2年以上、家でしたことがなかったんです。

が、この時初めてしたんです!(^^)/

 

おー、できるんじゃん!!と、ほっとしたのですが、

まさかこんなタイミングでするとは・・・。(苦笑)

 

犬が気に入らない子の前に、うん○をするというのは、

話には聞いていましたが、 実物を見るのは初めて。

 

昼間、モコにちょっかいをかけられても、

しらっと無視をしていたくせに、

私のいないところで、

こういう意思表示をしたというのが、かなり笑えました。

 

いやー、犬って面白い。

 

ちなみに、その後、モコとふくは、ずっとつかず離れず。

bimyou

 

でも、モコにも、犬チームのリーダはふくだとわかったようで、

ふくと一緒の時は、いつものはっちゃけは少しだけ影を潜め、

ふくに怒られない程度に、いい子に振舞えるようになりました。

champ_1

ななとモコ

2014年4月25日 / 保護犬, モコ

ななはどちらかというと、

家ではツンデレな子で、あまり甘えてくることはしませんでした。

 

たまーに足元に寄って来て、じっとしていることがあるので、

そういう時は、ここぞとばかりに、なぜてあげます。

が、なぜようとした途端、逃げることも多々。

・・・。

何がしたかったの????(^^;)

 

大好きなのは、ロープでの引っ張りっこ。

この時だけは、テンションMAXです。

 

でも、あとは、好きなところで、

一人で勝手に過ごしているということが多い子でした。

 

が、モコが来て、その世話に私が追われていると、

ロープを持って寄ってきたくても、私がじっとしていることがありません。

 

気が付くと、お気に入りのソファーからじっと見ている・・・。

という日々が何日も続いていました。

 

そして、とうとう爆発!

盗み食い、それも、莫大な量の盗み食いに走りました。

 

しまった、ななのストレスに気が付けなかった・・・。(>_<)

 

急遽対策を練り、寝る時だけは、もし自分から来たら、

ベッドに入るのを拒まないで入れてあげる、という特権を、ななだけに与えてみたところ、

少し落ち着いてくれました。

 

ツンデレだと思っていたけど、ななは、なななりに甘えていたのを、

甘え上手なモコに割り込まれたようになって、

どうしたらいいのか、わからなったのではないかと思います。

 

多分、ショップから来たななは、

ショップの店長だったお姉さんがとても優しい人だったこともあり、

とてもかわいがってもらっていたようで、

いつも誰かに愛されているのが、当然だったのではないかと思います。

 

なので、今まで、あえて自分から甘えてこなかった、と、

そういうことじゃないかと思いました。

 

でも、困った。

いくら分析してみても、ななとモコの距離があったままでは・・・。

 

と、心配は無用でした。

 

なるべく私もじっとして、ななが誘いに来れるような時間を作りました。

もちろん、その横にぴったりモコもくっついているのですが。

 

kuttuki

でも、ロープを持ってきたななを見て、誘いに乗ったのは、モコでした。

 

最初はびっくりしたななも、

私と違い、飽きずにずっと引っ張りっこをしてくれるモコは、

とても楽しい仲間に変わったようです。

 

そして、こんな姿を見せてくれるようになったのです。

nakayosi_1

 

初めての預かりっ子

2014年4月23日 / 保護犬, モコ

ななふく、2頭との生活も慣れたころ、3匹目を迎えたくなりました。

が、旦那さんとの約束は、「モルモット達が天寿を全うしてから!」でした。

 

そうです、我が家には、住人があと2匹おります。

shell momo

 

でも、いきなり3匹目を迎えて、散歩などできるかも不安でしたし、

(うちの散歩は、走り回ったりするので、結構激しいんです。(笑))

まずは、3匹で生活できるかを試してみるためにも、預かりをやりたいと、

旦那さんを口説き落としました。

 

ま、家を選択するときに、

最初から預かりさんをすることを念頭に置いていたので、

マンションという選択肢はなく(制限有のところが多かったため)、

戸建てという選択をしていたので、

いつかは言い出すだろうと、きっと彼の方は思っていたと思います。

 

が、「今、言うか!!」

だったとは思いますが。(^^;)

 

2頭目の子を探す際に会った団体さんで、

ずいぶんと嫌な思いをしたのもあって、

どこに預かりさんをお願いするかは、ずいぶん悩みました。

 

そんな折、近くで搬送のボランティアをしている友人がいました。

彼女の話を聞いていると、その団体さんの考え方に納得が出来たので、

そちらでお世話になることにしました。

 

さて、そういうわけで、初めての預かりの子がきました。

仮名「モコ」です。

moco

さて、この子。

めちゃくちゃ空気を読まず、ハイパーな子でした!

そして、とっても甘え上手。

挙句に、めげることを知らないんです。

 

昼間、ふくの背中に跳び蹴りをして、

ものっすごく怒られたにもかかわらず、こんな感じ。

irete

見苦しい体で、すみません。(-_-)

 

あ、見ていただくのはそこではなく・・・。

私の横は、ふくの指定席。

が!

無理くり割り込んでいます。

ふくは珍しくあきらめ顔・・・。

 

旦那さんに対してもそう。

danran

 

うちの犬たちはふてくされ気味です。

 

どれだけ甘えん坊で人懐っこい子なんでしょうか????

でも、かわいいです!(^^)

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去記事

アクセス数

  • 0今日の閲覧数:
  • 34昨日の閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 30昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る