自己紹介とetc.

2014年9月現在、

4歳の女の子のシュナウザー「なな」と

9歳の男の子のシュナウザー、

福島の被災犬だった「ふく」がいます。

 

そしてこの4月末にお見合いをし、

めでたくうちの子になってくれた、

ママはシュナウザー、パパは不明の

パピーの保護犬「じん」がいます。

 

子供のいない夫婦なのですが、

犬達のおかげで、地域にも溶け込むことができ、

友人たちもたくさんできました。

そして、友達犬達と、たくさん遊びまくっています。

 

犬達の長くはない犬生。

せっかくなら、みんなで笑ったり泣いたり怒ったりすることを、

少しでも記録として残せたらなと思っています。

 

そして、しばらくはじんの育児に専念になると思いますが、

じんが、ふくの後をついで、りっぱなリーダー犬になった暁には、

また、保護犬の一時預かりに復活出来ればと思っています。

 

たまに預からせていただいていた、

その預かりっ子達のことも、紹介できればと思っています。

 

———-

【2017.03.18 追記】

先日書いた記事で、

本意ではないところに対しての、ご指摘がありました。

 

犬に対する考え方は十人十色。

犬の飼い方も十人十色。

犬とやりたい事も十人十色。

 

その方と私では、考え方が違うようで、

その旨はご説明したのですが、

残念ながら、ご理解はいただけませんでした。

 

このブログは、

私と周りのわんこ達との生活をまとめたもの。

そんなたわいのないものですが、

これを読んで、喜んでくださる方がいらっしゃるのは、

とてもありがたく、嬉しいことです。

 

ただ、どのような考えに基づいて、

そのような事をしているのか、という事をきちんと書いておかないと、

いらぬ誤解が生ずることがあると、この件をきっかけに考えました。

 

その為、自分の考えている事を、きちんと書こうと思いました。

「私は犬を、こうとらえている」、

「私は犬たちと、こういう思いで付き合っている」、

そんな、まじめで重く、楽しくはないであろう話も、

記事にして行きたいと思いました。

 

でもその話は、

一介の素人飼い主の、私の考えです。

 

何かの訓練を受けたわけでもなく、

何かの資格を持っているわけでもありません。

その為、賛同を得られない事も多々あると思いますし、

他意はなくても、

どなたかの気分を害してしまう事もあるかもしれません。

 

題名は「犬との絆」で、連番でつけて行くつもりです。

 

そのような話は読みたくない、鬱陶しいとお思いの方は、

ぜひその題名の記事は、読み飛ばしていただければと存じます。

 

またその記事の内容に関しましては、

一個人の私がそう考えている、と言うだけです。

 

その為、ご意見ご感想を頂いたとしても、

返信させていただかない可能性があります。

 

ご了承頂ければ幸いです。

 

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去記事

アクセス数

  • 0今日の閲覧数:
  • 34昨日の閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 30昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る