お薬の交換

2014年7月11日 / じん, 健康

じんの嘔吐ですが、昨日は大丈夫でした。

が。

今朝、少しですが、吐きました。

 

もう、即、病院に電話です。

そして、相談した結果、お薬を交換していただくことになりました。

 

新しい薬を取りに行ったところ、

院長先生が、とても詳しく説明してくださいました。

 

セファクリアの主成分、セファレキシンというのは、

犬1キロに20mg~40㎎と決まっている。

(古い文献では、15mg~となっているらしい。)

DSCF7069

じんは、8.35Kg。

なので、167mg~334mg。

 

ただ、これは通常使う抗生剤の量で、皮膚病の場合は、少し違う。

DSCF7070

1kg辺り、20~30mg

じんだと、167mg~250mg

 

いただいていたのは、セファクリア300

・・・。

あれ?

やっぱり1回量、半分でもよかったんじゃないの???(゜.゜)

 

先生の話では、4分の3錠ぐらいがちょうどいいけど、割るのが難しい。

半量だと、有効量を割ってしまうので、

最低量を割らないように、1錠にしたって言われたんけど。

 

ま、今更聞きに戻るのも何なので、今回は置いておきましょう。

 

とにかく先生の言いたかったことは、薬の量は多すぎず、間違ったわけではないけど、

吐くのは合わないということ、薬を変えましょうってことでした。(^^;)

 

抗生剤は、結構胃に来るお薬なので、まれだけど、吐く子もいるそうです。

 

新しいお薬がこれ。

DSCF7071

今度は1日1回。

でも、最初っからだから、また2週間。

 

なんだかなぁ・・・。

 

知識がない自分が、いらだたしいです。

もう少し、自分でも皮膚病を勉強しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去記事

最近の投稿

アクセス数

  • 6今日の閲覧数:
  • 15昨日の閲覧数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 14昨日の訪問者数:

カテゴリー

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る