北欧編物と織物

2017年12月6日 / モノづくり

「北欧の編物・織物」と言う展示会に行ってきました。

 

このタペストリーは

「ブンデンローゼンゴング」という織物だそうです。

そしてこれ、絵織物だそうで。

 

こちらは「不思議の国のアリス」がテーマです。

覚えているところを解説すると

上から

懐中時計

白うさぎ

アリス

毒薬

双子のトゥイードルダムとトゥイードルディー

チェシャキャット

アリス

お茶会のポット&カップ

マッドハンター

トランプの兵隊

迷路

トランプの兵隊

リンゴの木

ハートの女王

 

とのことでした。

多分女の子なら、模様を見ただけで話を思い出すのでは?(^^)

 

最初はただの模様にしか見えていなかったのに、

言われると確かにそう見えます。

それにしても細かい!

 

そして織がもとになって出来たのが、編みのパターンだそうです。

 

こちらは編み物。

こちらも細かい。

 

編み地を生かして、クリスマスリースも。

 

タペストリー以外にも織物はあり、

織物を加工したバッグがありました。

これがびっくりするぐらい軽いんです。

なんでだろう?

 

見ているだけでも、とても楽しい展示会でした。(^^♪

 

初めて見た外苑のいちょう並木。

すでに見ごろは過ぎていましたが、

青空に黄色が映えてきれいでした。

 

と、一人で遊んでないで、帰ったらみんなでお散歩へ。

 

今年の紅葉は、黄色が多い気がしていたのですが、

こちらは真っ赤。

こちらもきれいです。(^^)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去記事

アクセス数

  • 22今日の閲覧数:
  • 23昨日の閲覧数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 20昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る