焚き火の実験

2018年12月3日 / キャンプ, 青根キャンプ場

昨日の事ですが。

 

珍しく一泊二日のキャンプだったので、

デイキャンもつけていました。

なにせ、ここのチェックアウトは10時なもので、撤収がきつい!(^^;)

 

で、のーんびりしようと思っていたら、生憎の曇り空。

その上肌寒い。

デイキャンつけていても、さっさと帰ろうかという私に、

旦那さんがおもちゃを買ってくれました。

薪です。(^^)

 

比重の軽い薪には薪の、なにかいい燃やし方があるはず。

実験です。

 

比重が軽いという事は、柔らかくて割やすいということ。

なので、旦那さんに頼んで、割ってもらうことに。

意外な事に、細くて少量でも、

大きないい炎ができました!

ならばと、さらに細分化。

ここは、ちゃんと自分でやりましたよ。(^^;)

 

キャンプを始めてすぐに買った、なたとのこ。

なぜそんなタイミングで買ったのか、いまだに不思議ですが、

これがとても重宝しましてた。(^^)

 

で、細分化に細分化を重ねて、できた炎です。

いつもは、この焚火台いっぱいに薪が乗っています。

でも、これでも十分暖かいです。

ただ細かくしすぎると、

薪の追加が頻繁なので、

丁度いい大きさを見つけたいな。

 

それにこれだと、いっつも息を吹きかけていて、

ほんと、酸欠になりそう。(^^;)

そして、火に顔をめちゃめちゃ近づけるので、

私は灰だらけになりました。

やっぱり火吹き棒だ!

 

あと。

小型でも、やっぱりなたは重いです。

この程度の木を割るなら、これじゃなくてもよさそう…と、

ブッシュクラフトナイフに目をつけました。

欲しい!!!

これも、要調査です。

 

そんな私の真剣な実験の間。

じんはお昼寝。

じんに煙がいかないよう、すごく気を使いました。

そのせいか、起きる事も逃げる事なく、

のんびり寝てられたようでよかったです。(^^)

 

ななは。

なにかのおねだり中。

君、元気だね。(^^;)

 

と、ななの相手をしていた旦那さんでしたが。

気がついたら、干してるコットの上でお昼寝してました。

ま、こういうのがキャンプの醍醐味だもんね!

 

と、デイキャンも満喫して帰ってきました。(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去記事

アクセス数

  • 8今日の閲覧数:
  • 24昨日の閲覧数:
  • 8今日の訪問者数:
  • 24昨日の訪問者数:

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る