赤い湿疹

2015年8月21日 / じん, 健康

じんの脂漏性湿疹。

 

旅から帰ってきて、シャンプーをしたら、なんとか落ち着きました。(^^)/

でも。

昨日触ってみたら、お尻にぽつっと。

 

そして、少し前から、

後ろ足の内股辺りに、赤い湿疹が出来ていました。

 

気にしていたところ、昨日は、その数が増えていて。(-_-)

 

調べてみたところ、どうやら膿皮症の症状に似ています。

となると、脂漏性湿疹と同じで、まずは、まめなシャンプーです。

 

ひどかったら、塗り薬を用いるようなので、即、病院行きがいいと思いますが、

じんのは、まだそのレベルではないようです。

 

週末に、またシャンプーをしようと思っていた矢先なので、

内股もしっかり薬浴すれば、それは大丈夫かと思うのですが、

それまで手をこまねいているのも、いかがなものかと。

 

他の方法をされている方を、探してみました。

そうしたら、いらっしゃるんですね!(゜.゜)

 

その子は相当ひどい状態だったようで、

まめなシャンプーとドライヤーでは、全く落ち着かなかったようです。

そのため、飼い主さんが試行錯誤され、

その方法・経過などを詳しくまとめてくださっていました。

 

無断で、ここにそのリンクを貼ってはまずいかなと思いますし、

その方もコメント欄がない方なので、許可もとれないですし。

 

ということで、検索ワードだけ載せておきます。

「ぽめらぶにっき 膿皮症」

 

そしてその方法とは、消毒です。

 

マキロンなどの傷口用消毒薬を使っている方も、他にいらっしゃったのですが、

その方は、強酸性水。

 

それは、どんなものなのかと読み進めると、

「水と塩化ナトリウムを電気分解して生成された水のことで…」と、続いていきます。

 

ん?

これ、うちの除菌水とほぼ同じだ。(゜.゜)

 

ということで、さっそく除菌水で拭いてみました。

 

結果は。

びっくりです。

今朝には、赤みが引いて、薄い茶色の点々に変わっていました。

消毒、効くんですね!

 

ただし、これは自己判断で行ったことです。

心配な方は、ぜひ病院で相談してくださいね。

 

脂漏性湿疹と膿皮症。

 

大きく違うのは、

脂漏性湿疹は、皮脂が過剰になって起こるもので、

膿皮症は、毛穴を中心に細菌が繁殖するもの、という感じかなと思います。

 

違いについての詳細は、以下のサイトに詳しく書いてありました。

かまやち動物病院

こちらは病院のサイトなので、リンクを載せても大丈夫かな?(^^ゞ

 

暑くて湿度が高いこの時期は、皮膚にトラブルが出てくる子が多いようですね。

早く涼しくなると、いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去記事

アクセス数

  • 21今日の閲覧数:
  • 26昨日の閲覧数:
  • 19今日の訪問者数:
  • 25昨日の訪問者数:

カテゴリー

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る