もも

2014年11月5日 / 未分類

昨日の事ですが、ももが亡くなりました。

 

もも(ももすけ)は、先住ペットのモルモットです。

前の家にいる時から飼っていました。

 

その時、既に今の家に引っ越すことが決まっており、

そこでは、犬を飼う約束だったので、

これ以上モルモットは飼わないと、旦那さんと約束した矢先、

出会ってしまった子です。

 

誕生日に、ふらっと入ったペットショップ。

ももは、そこにいました。

 

一目見て、どうしても連れて帰りたくなりました。

 

なぜなら、まるで「きんた」の生まれ変わりみたいだったんです。

 

きんたは、私が飼った初めてのペットです。

キンクマハムスター。

誕生日に、旦那さんに買ってもらいました。(^^)

 

大切に大切にしていたのですが、

これがいっこうに懐きません。(T_T)

そして、そんなマイペースのまま、虹の橋を渡っていきました。

 

最初の子だったので、よくわからないことも多く、

もっとこうしてあげればよかった、

ああしてあげればよかったと、後悔もひとしおです。

 

そして、同じ誕生日の日、またしても、同じお店。

そして、きんたにそっくりなカラーの子。

 

もうこれは、絶対にきんたの生まれ変わりだと思い、

渋る旦那さんの前で、ケージにしがみつき、

わがままな子供のように、おねだりをし続けました。

最後は、旦那さんが根負けして、飼わせてくれました。(^^)v

 

そんなももですが、

他の先住モルモット(当時、ももを除いて3匹いました)達とは違い、

私たちとの交流は少なかったです。

 

まず、旦那さんのアレルギー。

モルモットはOKだったはずなのに、

食べている牧草にアレルギーがあったようで、

今の家では、モルモット達を隔離して、

住まわせなければいけませんでした。

 

そして、先住モルが居たため、私たちよりも、彼らといる方が長くなり、

そちらで仲間を形成してしまいました。

 

おかげで最後まで、人には、ほとんど慣れてくれませんでした。

 

触らせてくれたのは、年に数回でしょうか?

おかげで、爪切りも、ブラッシングも、

腹を据えて、時間をかけてやらないと、出来ない状況でした。

 

ももの具合が悪そうなのに気が付いたのは、2週間ぐらい前。

病院に連れていこうかどうしようか、かなり悩みました。

 

原因は、大体予想つきました。

噛まないように隠しながら使っていたペットシートを、

引っ張り出して、齧りまくっていたことがありました。

多分、それではないかと思います。

 

以前もやっていて、その時は何ともなかったのですが・・・。

 

となると、病院に行ってすることは、開腹手術か、投薬でしょうか。

 

ももはすでに4歳7か月。

麻酔も心配ですし、環境が変わることへのストレスも心配です。

 

以前、4匹を、数回の病院との往復と、

その後やむを得ず、病院に2泊させたことがあります。

その直後、2匹のモルモットが亡くなりました。

 

病院の応対が悪かったわけではありません。

小動物は、そのぐらい、環境の変化に敏感で、ストレスになるのです。

 

そのことが、脳裏をよぎりました。

 

そして、投薬となると、あの触らせてくれないももに、

きちんと投薬できるのか、

出来たとしても、追い回されて捕まえられることを繰り返した場合、

あの子にかかるストレスを考えると・・・。

 

結果、自然に任せることにしました。

以前もペットシートを齧っていて、問題は出ませんでした。

もしかしたら、持ち直すかもしれません。

もしかしたら、ダメかもしれません。

でも、ももにストレスがない事が、私は一番いいと判断しました。

 

私の判断のせいで、

あの子の寿命を、短くしてしまったのかもしれません。

でも、私は、また同じ状況が来たら、同じ判断をすると思います。

 

生きている者には、必ず死は訪れます。

長生きしたから幸せで、短いと不幸せだとは、私は思っていません。

 

最後まで、好きなことをしながら、

好きな人たちに見送られて死ねるのなら、

それはそれで、幸せなことではないかと、私は思っています。

 

ペットに対して、どこまで治療をするのかは、飼い主さん次第です。

そして、自分の下した判断に対して、起きた結果を嘆くことは、

一番の冒涜だと思っています。

 

後悔するのなんて、最低です。

 

後悔するぐらいなら、

最初から、自分で精いっぱいの知識をつけ、

自分で出来ることは全部した、

その上で、あの子にとって一番だと思える判断をしたと、

胸を張って言ってあげたいです。

 

そして、自分の下した判断と結果をかみしめながら、

今後も色々なペットたちと、関わって行きたいと思っています。

 

いつも、その子に最善だと思える判断が下せますように。

その子が、幸せだったと思って、虹の橋を渡っていけますように。

 

きんたの時のように、後悔し続けて、

亡くなった後も、その子に心配かけたりしませんように。

 

うちの先に逝った子達。

私を見守っていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

過去記事

アクセス数

  • 4今日の閲覧数:
  • 30昨日の閲覧数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 27昨日の訪問者数:

カテゴリー

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る