「2022年06月」の記事

道の駅かさま

2022年6月11日 / 車中泊, 茨城旅

次に行ったのは、国営ひたち海浜公園です。

 

香りの谷では、盛りのラベンダーと。

 

ふらふらと歩いていると、きれいなお花も。

 

そこで旦那さんが一言。

「うち、いつもシーズンを外してくるよねー。」と。

 

そうなんです。

名物のネモフィラは終わって、

みはらしの丘は、入れ替えのためか、土の山に。

バラも見頃過ぎ。

パピーも終わりかけ。(^^;)

 

ただお陰で人は少なく、

ななじんはたっぷりお散歩を満喫していました。

 

ま、ななじんの為に来たのですから、

これでよかったということにしておきます。

 

2時間歩き、腹ごなしも終わったので、次!

今回の旅のメイン、道の駅かさまです。

 

ここは昨年出来たばかりの新しい道の駅。

そのことが新しい道の駅本に書いてあったので、

行ってみることにしたんです。

 

お昼は瑞穂牛のコロッケとメンチ。

それと常陸姫牛の肉丼。

これが、美味しい!

びっくり!

 

最初はステーキを食べるつもりだったのですが、

写真で一目惚れ。

当たりでした!(o^^o)

 

そう言えば笠間は栗が有名とか。

この道の駅名物、モンブランがあったはず。

と思ったら。

残念!

 

でも、モンブランのソフトクリームを食べてみることにしました。

これが濃厚で美味しくて!

ここに寄ってよかったー。

満腹です!

 

では朝も早かったので、そろそろ車中泊場所に移動します。

今日の車中泊は、道の駅はが。

 

ここは栃木なのですが、

温泉併設の道の駅で1番近いのはここだったので、

行ってみることにします。

道の駅 日立おさかな市場

2022年6月11日 / 車中泊, 茨城旅

お出かけ準備、OK!という事で、また車中泊に出ました。

 

今回は茨城。

 

まずは、道の駅日立おさかな市場で、

朝ご飯に味勝手丼を食べようと言うことに。

 

前泊として、常磐道の友部SAを目指したのですが、

思ったより遠く、圏央道から入れる道の駅ごかで車中泊。

 

前行った時は8時30分ぐらいには並んだよなーと、

今朝は早々に、道の駅日立おさかな市場に到着したのですが、

待てど暮らせど行列はできないまま開店の9時になりました。

 

ん?

ま、いっか。

 

入ってみると、目当てにしていた、貝盛の焼きうにがありません。

生うにはあったのですが、ちょっとでなんと900円!

そうかー、ご時世かぁ。

ま、ないものは仕方ないです。

 

と言いつつ、しっかりと盛りました。

こんな風に好きなものを集めて、

好きに盛るから味勝手丼。

今回は天然黒マグロや、メヒカリ、ノドグロなどを乗せてみました。

うん、やっぱり美味しい!

 

その間車で待っていた2人は、仲良く寝てました。

さ、次は君たちが楽しめるところに行こうか!

トリミング

2022年6月10日 / なな, じん

がっつりお散歩をした後、やっとトリミング。

 

ぼさぼさ。

よく伸びたなぁ。

 

あれ?ななは??

…。

いい隠れ場所見つけたねぇ。

でも、君からだよ!

 

さ、ぴかぴかになりました。

スッキリした!

 

これでフロントラインをしたら、お出かけの準備完了です。(^^)

お散歩

2022年6月10日 / なな, じん, 友達犬, 小春・茶々

多摩川お散歩の翌日。

今度は小春&茶々と、久しぶりのお散歩です。

このメンバーは安定です。

 

駐車場で車を停めたら、小春&茶々がすぐに気がついてくれ、

遠くから呼んでくれました。

わちゃわちゃと合流しても、安心安心。

 

こういう関係、やっぱり特別なんですね。

なんか当たり前に思っていました。(^^)

 

帰る時、車に乗ろうとすると、小春がなかなか離れていかず。

え?

もしかして寂しい??

 

嬉しい〜!

 

小春はなかなかクールなので、

そういう表現をあまり感じた事がなかったので、

本当に嬉しかったです!

 

また近々一緒にお散歩しようね。

多摩川お散歩

2022年6月10日 / なな, じん, 友達犬, はち, 銀河・茶々丸

雨の合間に、涼しい日がつつきました。

 

そんな日はお散歩!

はっちゃんママと初めて出会った公園出発で、

いつもと違うコースを歩いてみることにしました。

 

公園をいくつか梯子し、

「ほら、そこが是政橋だよ。」と。

…。

えー!

多摩川出ちゃったの?

 

いつかはわんこたちと、

多摩川お散歩をしたいなと思っていたのですが、

近くにパーキングもなく、そこそこどこからも遠いので、

なかなか実現しませんでした。

それが実現するとは!

 

広々!

楽しい〜!

 

おしゃべりしていると距離が短く感じます。

ただ後日車で通ったら、やっぱりそこそこありました。(^^;)

 

その証拠がこれ。

はっちゃん、駐車場に戻ってきたら、

ばてて動かなくなりました。(^^;)

 

時間にして2時間半でしたが、16000歩越え。

このメンバーは、歩くのが早いなぁ。

 

まだまだ元気な、銀河と茶々丸。

と思いきや、お家に帰ったら爆睡したそうです。

 

やっぱり長距離はいいです!(^^)

 

膿疱

2022年6月5日 / なな, じん, 健康

3日前の事。

ななの左太ももにかさぶたのようなものがついていました。

山でなにかにこすって傷がついたかな?と思っていたのですが、

一昨日、一日中その傷を舐めていて、

触ってみたら腫れてました。

 

そして昨日。

ななは既に舐めるのをやめていたのですが、

腫れはひいてなかったので、病院へ。

 

診断は膿疱との事。

皮膚が薄くなっているところが破れ、中の水が出てくるから、

それを水道水で洗ってあげるだけでいいと言われました。

 

なぬ?

そんなのでいいの?

お薬は??

 

先生曰く、

「飲めるレベルの流水の水道水は安心だし、

塩素も入っているから、消毒にもなる」と。

なるほど。

 

で、

「注射器などで水を抜いてもまた溜まるし、

触って嫌がっているのを考えると、針を刺すのは痛いので、

それはななの負担が大きくなるよ。」との事。

 

そして待つ事1日。

なにやらなながまた傷を舐めだしたので見てみると、

傷には穴が開いてました。

じんわり液体が出てきていたので、絞っては水道水で洗いを繰り返し、

とりあえず出せるものは出しました。

さて、どうなるか。

 

ちなみに水道水で洗っても、またなながなめたら?

と聞いたら。

「それはしょうがないでしょう。薬塗ってそれをなめた方がよくないし。」

「薬を塗ってエリカラをつけてみたら?」

「それも結構負担は大きいよ。」

という事でした。

 

これ、ふくの時にも同じ事があったなぁ。

 

あの時は、中の液が出だしたら、傷が塞がらないように薄皮を薬で剥がし、

中の膿を出すようにと言われた…はず。

確かに薬なんかは塗らなかったな。

 

さんざん膿を絞られたななは、

その後ご褒美のおやつをもらって、落ち着きました。

とりあえず傷を舐めようとはしてません。

絞り出したから、違和感は減ったのかな?

 

「ぼくは?」

いや、君はなにもしてないから、ご褒美はいらないでしょ。

と言ってもわかるわけなし。

じんも小さいおやつをお相伴しました。(^^;)

 

ちなみに。

「こんな時に山なんて行ったら化膿したりして…。」

「平気だよー。」

との事でした。

 

ならば、今週もお山に行けるかな?

あとは、雨次第かぁ。

 

 

襲われた

2022年6月1日 / なな, じん, 友達犬

今日はみんなとのお散歩。

みんな以外にも、ココちゃんのお友達わんこも来るとの事。

 

銀河君ママが遅れるとのことだったので、途中の広場で待っていた時、

それは起こりました。

 

ふらふらしていたじんが、

お初のダルメシアンの少しそばまで来た時、

その子とじんの目が合いました。

妙な緊張感。

呼び戻そうかと思ったのですが、後ろから襲われることも考え、

静観することに。

 

次の瞬間、ダルが襲いかかってきました。

そうしたら、一緒に飼われている子まで便乗してきて。

 

「来ないで!」と私が言ってるにも関わらず、

そのママは、ワンコに引きずられ、ずるずる寄ってきます。

 

はぁ???????

 

慌ててじんを救い出したというのに、そのママは。

「大丈夫ですか?」だって。

…。

はぁ?

 

思わず。

「大丈夫だと思ってるんですか!」と怒鳴りました。

 

その後、その子達とは別行動。

が、途中で会ってしまい、

気をつけながら、前後で分かれて歩こうとするのに、

またママが、犬に引っ張られて、ずるずる前にやって来ます。

いい加減にして欲しい。

 

そしてそのダルは、最後までじんのことをロックオンしていました。

 

言葉が悪いですが。

まじ、ムカついた!

 

自分の犬1頭もコントロール出来ないのに、

中型犬を2頭も一緒に飼わないで欲しいです。

 

ただお散歩クラブ面々とは、その事を話し合うことが出来、

いい経験にはなりましたが。

あまりしたくない経験です。

 

ほんと、怪我がなくってよかった。

 

しっかりお散歩出来たので、ななもぐっすり。

 

多頭はなぁ。

群れの子を守るために、

1人がやられそうになったら、みんなが助けに来ます。

そしてタチの悪いことに、1人が襲っていたら、

他の子が加勢しに来ることも。

 

多頭を飼う時は、そういう事も念頭において躾をしないとと、

自分にも戒めました。

 

でもほんと、怪我がなく、じんの心も怪我しなくてよかったです。

 

ただそれは、不幸中の幸い。

あの目があった時の対処法、私も考えておかないと。

 

じんは目を逸らさないからなぁ。

どうしたもんだか。

 

2022年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去記事

アクセス数

  • 12今日の閲覧数:
  • 9昨日の閲覧数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 9昨日の訪問者数:

カテゴリー

——————

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

TOPへ戻る